2005年09月07日

未来の旦那へ・・・

私は何度か夢遊したことがある

家から出て行こうとカギをガチャガチャと開けたり・・・

母親に「どこ行くん??あんたのうちはここやで!」と言われると

スゴスゴと戻っていたらしい

そして、高校時代

合宿にて私は無遊してしまった

みんなは、まだ起きていたが

私は疲れて寝ていた

しかし、急にムックリと起き上がって部屋を出た

友人は「サマンサ、トイレ?」と声をかけたらしいが

無反応だったらしい(記憶なし)

廊下を歩く私・・・

廊下で喋っていた先輩達も声をかけたらしいが無反応

そして、私はある扉の前で止まった

顧問の先生の部屋だ

ガチャガチャとして扉を開け中に入る(先輩談)

その時男の先輩の一人が

「サマンサ!!ふざけたらあかんで!」

と言った。その時私は

「うるさいな〜。寝るねんから!!」

と思ったのを覚えている。そう・・確かに思った

このあたりから少し記憶がある

寝ている先生を見て

「誰やねん?こいつ、邪魔やな」と思った私は

先生の布団をズルズルと引きずり

押入れから布団を出し敷こうとした

その時には先輩たちもオカシイと思ったらしく

しきりに私に声をかけだした

「サマンサ!」「サマンサ!」

その時・・・我に返った私!!

先生!!!先生が寝ている!なんで??ここどこ??!

慌てて部屋を出た

みんなは、どうやら私が寝ぼけてたのだとわかり

大爆笑!!

私は恥ずかしさのあまり部屋に逃げ帰った

将来、私の旦那となるであろう人に告ぐ

何があろうとも

私を一人で寝かさない様お願いします

人気blogランキングへ

↑お世話おかけします。1クリックお願いします!! 感謝中♪
posted by サマンサ at 21:32| 大阪 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

キスの重み・・・

男友達がこんな事を言った

「ヤルだけの女とは口にキスしない!」

なぬ?!

聞き捨てならないな〜

キス好きの私には理解できない

そのセリフ・・・

「でも、してこようとするやろ〜??」と聞くと

「してこようとするね〜。でも、上手にかわす。

 体中にいっぱいキスしたりして。オデコにもしたり・・・

 好きやで〜と言いながら、でも、実際、好きではないので

 口には絶対しません!!」

吉原でもあるまいし

何だ??そのこだわりは??

そして、何だその強気な態度!

何様だ?!

そんなに口へのキスは重要なもの??

かわしたくなる程守りたいものなの??

そんな事を聞いて

してもらえなかった時の事を想像してみると

何だか寂しく思えるし、惨めな気分になるぞ!

女の子かわいそうやん?!

ヤルからにはキスもしましょうよ

遊びでも思いヤッてあげようよ

三十路も越えて

こんな考えだと甘いのかしら??


人気blogランキングへ

↑ランキング参加中です。クリック是非お願いします♪ 感謝感激(≧▽≦)
posted by サマンサ at 22:14| 大阪 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月05日

ある日の父と娘の会話・・・

私の父は職人である

生真面目で頑固・融通がきかない

普段は優しいが切れるとヤクザ(((((゜Д゜)

義理固く外面がとてもいい

数年前のある日父は友人から

「エロビデオ」を借りてきてリビングで観ていた

父がエロビデオを観るなんて珍しい

そっとしといてあげようと思ったが

家の構造上トイレへ行くのに

リビングを通らないといけない

できるだけ我慢したが

もう無理だと思い階段を下りリビングへ

少し慌てた父は「これは○○さんが貸してくれたんや」と言う

「あ〜。エロビデオ??たまにはいいやん?

私に言ってくれたら2本持ってるのに〜

よかったら観る??」と言ったら

父は「いらん。いらん。お母さんに怒られるわっ!

   でも、なんでお前が持ってるねん??」

「あ〜・・・前に彼氏から没収したやつやん」と答えトイレへ

リビングに小さなあえぎ声響く

トイレから戻ると父は私に

「没収したやつか。○○さんに貸したろかな?どんなやつなん?」

「一本は普通のAVやわ。もう一本は素人ものの、ハメ撮りやで」

「なんや??ハメ撮りって??!」

「ハメ撮りっていうのは〜・・・」

と父に撮影スタイルの説明をする娘

「なるほど。お前は何でもよ〜知ってるな〜。ソレはおもろいんか??」

と感嘆し娘を褒める父・・・

褒めてどうする??

「ん〜。普通のAVよりかは面白いで」と答えると

「んぢゃ、それ貸してくれ。明日持って行くわ」

父と娘の素敵な親子の会話・・・

次の日、義理固い父は貸してくれたお礼にと

私のエロビデオを持って行った

父よ・・・そこまで義理固くなくともいいのでは??


人気blogランキングへ

↑ランキング参加中♪1クリックよろしくお願いします   感謝★
posted by サマンサ at 21:46| 大阪 ☁| Comment(8) | TrackBack(1) | 日記 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

運命の出会い・・・

男の美容師がとっても苦手だ

何度かしてもらってウンザリしたからだ

担当の美容師さんが見つからず

転々としてた頃は苦労した

まず、中の様子を見る

女性が多い所を探す

ここにしよう!と決め・・・中に入る

「担当の指名はございますか??」と聞かれる

普通、指名がなければフリーとして扱われ

誰か手の空いてる人がしてくれる

しかし、それだと私は困る

手の空いてる人が、もしも男の美容師だったら・・・??

ニコニコとホストの様な笑みを浮かべてやってきて

「ひさしぶり〜♪」と

まるで、以前から知り合いだった様な態度の

やたらとフレンドリーな

おしゃべりな人だったら??!

恐ろしい・・・!!

髪が切り終わるまで

どうでもいい質問に答え

どうでもいい会話や相槌を延々と

繰り広げなければならなくなる

それは困るっ!疲れる!

だから、私は

「指名はないんですけど、女の人でお願いします」と答える

そして受付の人は

「女性でフリーはいりま〜す」と大きな声で言う

そうすると、一斉に美容師さん達がこちらを見る

男の美容師さんを一気に敵に回した気分になる

そんな事を何度もしているうちに

今の美容師さんに出会った

女性フリーで初めて切ってもらった時に

「この人に決めた〜!」と思った

それ以来、その人一途!

その人が店を変わればついていく程

どうやら、神様がくれた私の運命の相手は

美容師さんだったようです


人気blogランキングへ

↑神様は髪様なのか?!クリックに感謝♪
posted by サマンサ at 20:22| 大阪 ☀| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

独占欲・・・

独占欲の強い男が苦手だ

私には「わたし」のテリトリーがあるわけ

そこへ土足でズカズカと入り込み

あぐらをかいて座り

「茶でも出せ!!今日からここも俺の場所だ!!」

といんばかりの態度だと

ちゃぶ台ひっくり返して

「ここは、お前の来るとこぢゃない!!出ていけ〜」

と叫びたくなる

しかし、そんな抵抗もできず

「粗茶ですが・・・ようこそ・・・」

などとイヤイヤながらもお茶を差し出してしまう

そうすると、相手は図に乗り

あれこれと要求し、どんどん侵食してくる

そうなると、私のストレスは溜まる一方だ

どうにかして、逃れようとするが

追いかけてくる。追いつかれる・・・

逃げれば逃げる程追いかけてくる

そんな事を繰り返し

我慢し続けて

ついには「放っておいて〜!!」とキレてしまう

こ〜んなにも独占される事を拒む私

でも、こんな私は

好きな相手や恋人とのHの時

必ずと言ってもいい程

キスマークをつけたがる

はたまた、こっそりつけ様とする

独占されるのはイヤだけど

独占はしたくなる私・・・

なんて、わがままなんでしょう??!


人気blogランキングへ

↑そこのあなたお気をつけ下さいw ポイントくれくれ♪感謝!!
posted by サマンサ at 22:44| 大阪 ☀| Comment(7) | TrackBack(2) | 日記 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月02日

冒険・・・

どこかへ飲みにいく

どこかへ食べに行く

どこへ行っても

私は注文するものがほぼ同じだ

聞いたこともない、想像もできない様な料理は

注文しないし、できない・・・

口に合わなかったら嫌な思いをするだけだ

手堅いに越した事はない

冒険はしたくない・・・と

しかし、こんな私も男の場合だけは

恐ろしいほど冒険しまくる

中身がどんな物かも解らないのに食べる

どんな味付けでも食べてみせる

とりあえずtryしてみる!!

何となく口に合いそうだと勘違いする私

アレンジがききそうだと思い込む私

そして、実際食べてみるとヒドイものばかり

生のまんまだったり

中には完全に腐ってるものもあったけ

食べて吐いて後悔して、次回は吟味して・・・と思うが

時間が経てばやっぱり得体の知れないものを口にしている

しかし最近真剣に思う

そろそろ

メニューなるものを開き

「味見」というものを覚えてもいい頃なのでは??


人気blogランキングへ

↑ポイントを与えてやって下さい(≧▽≦)ノ
 ご協力ありがとうございます♪
posted by サマンサ at 22:08| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月01日

店長に会いたくない・・・!!

高校生になって初めてのバイト

それは、もう悲惨なものだった・・・

店長は援助交際をしてる人だったせいか

セクハラも半端ではなかった

どうやら、私は目を付けられたらしく

色々と被害に遭いまくった

まず、その頃、処女だった私に

「処女をくれ!!やらせてくれ!」と執拗に迫る

もちろん、断りましたとも!

隙をみては無理やり後ろから抱きつく

電話応対中の私の首や胸を触る

抵抗できないのでこれが一番キツかった

それに、ごみ捨てに行ってる私を待ち伏せ

いきなり出てきてやっぱり抱きつく

ほとんど痴漢の域

オシリを触る

チチを揉む

こんな事が続いては

さすがの私も笑ってはいられなくなった

辞める事を決意し電話をする

奥さんが電話に出た

「辞めたいんです」というと

何も知らない奥さんは「どうして??」と聞く

お前の旦那に聞いてみろ臓!!

とは、さすがに存えず泣きじゃくっただけ

泣いてる私が、心配になった奥さんは

「どうしたの??何かあったの?」と聞いてきた

私は泣き声で「何もないです。ただ、辞めたいんです」

というのが精一杯

その電話を最後にバイトを辞めた

ふと、思う・・・

あの時本当の事を奥さんに

話していたらどうなっていたのかな??

今でも時どき、通る・・・そのお店

今は店長の姿はなく

二人の息子が立派に店を継いでいる

女の姿もない・・・


人気blogランキングへ

↑笑って許せるのはどこまで??ランキング参加中!ご協力に感謝いたします♪

posted by サマンサ at 21:45| 大阪 ☁| Comment(9) | TrackBack(4) | 日記 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月31日

店長に会いたい・・・

学生時代2つのアルバイトを経験した

ひとつは完全セクハラのせいで4ヶ月で辞めた

この店長の事はまた書くとして

今回は2つ目のバイト先の店長のお話を・・・

当時、私17歳

店長は29歳(既婚)

怖かったけれど面白くて男前

そして、エロかった

ここのバイトで性教育を受けたといっても過言ではない

この頃の私はというと

自分で言うのもなんだけど

全くエロくなかった

彼氏でじゅうぶん

男性経験は少なくてじゅうぶん

彼氏が最初で最後でもじゅうぶん

という、考えだった

ある時全体ミーティングが終わった後

店長を含めみんなでエロ雑談をしてた時に

私のその頃の考えを述べると

店長は笑いながら「あかん!あかん!サマンサ君はそうじゃない」

と言い放った。さらに、

「なんでやねん!H好きの顔してるのにそんな考えではあかん!違う!」

と言う。

(17歳の娘に向かってH好きな顔って?!失礼な!)

と思いながら、私は反論

「それは、店長が勝手に思ってるだけで私はそんなに好きではないです!」

店長「いや。いや。間違いない。サマンサ君はこれからや!

どんどんいろんな男としたらいいねんって」

私「いやです。彼氏だけでいいんです〜!!!」

店長「ま〜。そのうちわかるよ。僕の期待を裏切らんようにね・・・おさき〜」

と言い残し先に帰ってしまった


店長・・・

あれから10年以上経ちましたね

私は三十路も越えいまだに独身です

いかがでしょう??期待通りに育ったでしょうか??


人気blogランキングへ

↑いま、店長はいずこ??今日もご協力ありがとうです♪


posted by サマンサ at 08:08| 大阪 | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月30日

ざま〜みろ!!

私のコンプレックスが身長だということは

知ってる人は知っている

でも、どうしてなのかは知らない人が多い

どうしてか・・・

あれは忘れもしない

中学時代

銭湯通いをしていた頃のこと

いつもの様に妹と銭湯へ

時間帯が遅いと常連さんばかり

ご近所さんの顔・顔・顔・・・

お風呂上りの常連さんたちは

噂話が大好きだ

あがり終わった私は妹を置いて先に出た

常連さんや番台の人に

「おやすみなさい・・・」とご挨拶

「おやすみなさい」と頭の後ろに返ってくる

ガラガラと戸を閉めた後

(ここより妹の報告)

「あんなけ、背〜高くなってどうすんの??あの子」

「ね〜」

「あれじゃ、将来、一緒に歩く男の人が可哀相やわ〜!」

「ほんま。ほんま。」

「あれじゃ、みつからんよ」

「ほんまに、あれは高すぎるわ〜!!」

ケラケラケラ・・・

帰り支度をしながら一語一句聞き逃さない妹

帰り際・・・憤怒しながらも愛想よく

「おやすみなさ〜い」

と言った瞬間

「しまった!!」という空気が脱衣場に流れたそうだ

妹からの報告を受け

ひどく傷つき泣き崩れたのを覚えている

妹も泣いてたっけ・・・

そして、何があろうと、もう2度と行くまいと誓った

その後お風呂屋さんは悪いと思ったらしく

田舎から送ってきたと野菜をどっさり我が家に持ってきた

そんな事で許せるわけもなく

傷が癒えるわけもない

とにかく、早く潰れてしまえ!と思い続けてた

そして、とうとう!!

にっくきあのお風呂やが潰れたとの報告が!!

やった〜!!ざま〜みろっ!!!

でも、残念ながら

あの思い出までは消えてはくれません

でも、でも、やっぱり

ざま〜みろっ!!かな・・・


人気blogランキングへ

↑今日もご協力に感謝です♪
posted by サマンサ at 22:21| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

余計なお世話・・・

この歳まで独身でいると

他人から色々と言われたりする

例えば

地元の商店街でばったり会った同級生。ベビーカー付き

「ひさしぶり〜!もしかして、サマンサ結婚したりした〜??」

したりした〜??って・・・いきなり、その質問ですか??

勘弁してよ・・・と思いつつも

「私は、まだまだ〜。あ〜!子供可愛いね〜☆」ニッコリ、話題をそらす

「う〜ん。可愛いよ〜♪え〜??サマンサは結婚する気ないの〜?」

おいおい。引っ張るか?!と思いつつも

「ん〜。そんな事ないけどね〜」と濁す

ばったり会った同級生に話す事は何もない

「そうなんや〜。ま〜結婚ていうのは縁のものやから

焦らなくてもいいと思うよ♪」

え〜と・・・もしもし??

私、焦ってるなんて言いましたっけ??

と思いつつも

「そうやね〜。」と、もう一度ニッコリ

「そうそう。私も今の旦那と結婚するとは思わなかったし

する時にはポ〜ンとするって〜!」

えっ??もしや、私・・・励まされてる?!

「ね〜。そんなもんなんやろうね〜」とニッコリと相槌

「彼氏は??いてるの??!」

「いてるよ〜。」

はい。嘘つきました

どうせ、わかりはしないし

また何年も会うことはあるまい

「んぢゃ、その人ともしかしたら、もしかしてだね〜♪」

もしかしなくても、無いです。はい・・・

その後やっとこ解放された私

何だかとっても疲れたぞ!!

人気blogランキングへ

↑癒しのクリックお願いします。ご協力に感謝♪


posted by サマンサ at 21:01| 大阪 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。